NEWS

ホンダが2020年GT500体制を発表。笹原右京がMUGENに電撃加入

ホンダは2020年の国内モータースポーツ体制をプレスリリースにて発表。気になるスーパーGT(GT500クラス)の各チームラインアップが明らかとなった。

 2019年はディフェンディングチャンピオンのマニュファクチャラーとして臨むも開幕戦に#8 ARTA NSX-GTが飾った1勝のみに終わり、ホンダ陣営としては不本意なシーズンとなった。

 2020年はクラス1規定を導入することに伴い、ホンダ勢はFR化されたNSX-GTを導入する。すでに開発テストも進んでおり、王座奪還に向けての動きは準備は着々と進んでいる。

 気になる2020年のドライバーズラインアップだが、ジェンソン・バトン、中嶋大祐、ナレイン・カーティケヤンの離脱により大幅に顔ぶれが入れ替わることになった。

 まず8号車のARTAは野尻智紀の相方として昨年GT300クラスを制した福住仁嶺がステップアップする。16号車のTEAM MUGENには武藤英紀の新パートナーに昨年のポルシェ カレラ カップ ジャパンとアジアンF3でシリーズチャンピオンを獲得した笹原右京が抜擢された。当初は松下信治が起用されるのではないかと言われていたが、土壇場になってFIA F2に継続参戦する方向で話が進んでいる模様で、スーパーGTのラインアップに加わることはなかった。

 17号車のKEIHIN REAL RACINGは塚越広大とベルトラン・バケットのコンビで変わらず。64号車のModulo NAKAJIMA RACINGはドライバーが総入れ替えとなり伊沢拓也が8号車から移籍、その相方には大津弘樹が起用されることになった。

 TEAM KUNIMITSUは伝統のゼッケン100番に戻り2020シーズンを戦う。ドライバーは山本尚貴が引き続き残留し、離脱したバトンの後任として牧野任祐が加入することになった。

【2020年Honda スーパーGT(GT500)ドライバーズラインアップ】
#8 ARTA
野尻智紀/福住仁嶺

#16 TEAM MUGEN
武藤英紀/笹原右京

#17 KEIHIN REAL RACING
塚越広大/ベルトラン・バケット

#64 Modulo NAKAJIMA RACING
伊沢拓也/大津弘樹

#100 TEAM KUNIMITSU
山本尚貴/牧野任祐

オリジナル記事
https://jp.motorsport.com/supergt/news/2020-honda-gt500-drivers-lineup/4642604/?fbclid=IwAR3882Nts6SxC6VxNcFUVPZXOInUQGC_ZPFmyGe9p-0z3MCyZZrX5iFEpQQ