NEWS

アルファタウリF1代表 「角田裕毅はすべてをコントロールできていた」

アルファタウリ・ホンダF1のチーム代表を務めるフランツ・トストが、角田裕毅のF1初テストを評価。マシンにすぐに慣れ、すべてをコントロールできていたと語った。

ホンダF1の育成ドライバーである角田裕毅は、11月4日(水)にイモラ・サーキットでアルファタウリの2018年マシンでF1初走行を実施。352kmを無事に走行し、フリー走行出走に必要なスーパーライセンス取得のための条件を満たした。

「我々はここイモラで裕毅と非常に生産的な初テストを行い、352kmを走破することができた」とフランツ・トストは語った。

「午前中は少し濡れていたので、フルウエットタイヤで1日をスタートした。それでも、祐樹はすぐにマシンに慣れ、ドライタイヤに交換するとラップタイムはすぐに改善した。非常に印象的だった」

「昼休みの後、我々は新しいタイヤセットで続け、彼はさらに改善し、周回を重ねるごとにマシンをより快適に感じていることを示した」

「裕毅はマシンの挙動に関して貴重なテクニカルフィードバックを提供してくれた。それは我々の期待に応えるものだった。最後の走行で彼はレースシミュレーションを実施したが、非常に一貫性があった。それはすべてをコントロールできていることの明らかな証拠だ」

「彼がスクーデリア・アルファタウリのために若手ドライバーテストでの彼の次のテストを楽しみにしている」

F1GATE
https://f1-gate.com/alphatauri/f1_59390.html?fbclid=IwAR2MdRvG92V8lgVYRD1bJntb-F9G361HBjt8ZkoCyqWXr_na0kXZRvXkLHo